ジャック・ニコルソンがカッコ良すぎて

バイになりかけた

ジャック・ニコルソンといえば「シャイニング」のあの顔のイメージしか無かったのだが
「カッコーの巣の上で」を観て一気に惚れた
存在感ありまくりカッケェ
あんなニヤリ顔出来る男になりて


「時計じかけのオレンジ」観り
これはおもしろい
宇宙の旅ん時も思ったがどことなく治虫臭がプンプンと
時代的に同じなんかな
そーいえば、手塚治虫の短編に「時計じかけのリンゴ」ってなかったっけ?元ネタこれ?記憶違い?
[PR]
by hero1985 | 2010-01-28 09:19 | 駄文日記


<< ゴッグ先輩と いにたい >>